【行政書士】短期講座7コースを比較|勉強期間3〜6ヶ月|2021年版

受験生

勉強期間が3〜6ヶ月くらいの行政書士講座が知りたい。

こんな疑問にお答えします。

この記事を書いている僕は、現役の行政書士試験受験生です。

筆者の行政書士受験歴

2019年:独学で174点(LECのウォーク問を中心に勉強)

» 【174点|独学で不合格】行政書士試験に一発合格できなかった理由

2020年:独学で176点(スー過去・合格革命肢別を中心に勉強)

» 行政書士試験「独学は厳しかった」2年連続170点台不合格|勉強時間とテキスト

2021年は、海外居住のため受験を諦める予定。

今回は、3〜6ヶ月で行政書士試験の合格を目指すコースを紹介します。

僕自身の受験経験からも、予備校・通信講座を利用すれば、6ヶ月での合格もいけるだろうなというイメージはあります。

むしろ人によっては、6ヶ月くらいの短期集中の方が合っている人もいるでしょう。

また、今回紹介するどのコースも、初めて法律を勉強する人や独学に限界を感じている人を対象としています。

本記事の内容
6ヶ月で合格を目指す講座5つ
3ヶ月で合格を目指す講座2つ

目次

6ヶ月で合格を目指せる講座

6ヶ月で合格を目指すコースは結構多くあります。
理由は、予備校や通信講座が掲げる600時間の勉強時間を確保がそこまで難しくないことが理由かと。

例えば、1日3時間勉強したとして・・・

時間 × 30日 =90時間
90時間 ×  ヶ月 =540時間

なので、6ヶ月で合格を目指すコースは結構提供されているんですね。
それに次の通り、大手中心です。

講座名講義時間受講費用割引後費用
伊藤塾 速修生114時間188,000円168,000円(5月31日まで)
アガルート 速習カリキュラム160時間154,000円107,800円(10月26日16:00まで)
TAC ベーシック本科生158時間190,000円158,000円(受験経験者割引)
LEC 横溝の60時間超速マスター講座60時間80,000円
クレアール スピードマスターSコース155時間108,800円35,904円(7月31日まで)

順番に詳しく見ていきます。

伊藤塾|速修生

伊藤塾の速修生は、法律を初めて学習する人が最短・最速で行政書士試験に合格するための講座です。

伊藤塾|速修生の特長4つ

「出るとこ主義」かつ「理解重視型」の講義

学習効率が高めるため、「出るところはしっかり」と「出ないところはバッサリやらない」とメリハリをつけた講義。

また、短期合格講座にありがちな「単に出題予想の高い知識だけを詰め込む」授業ではなく、体系や論理の流れを重視した理解重視の講義を提供。
それにより、「わかった」という納得感を持って学習継続が可能。

短期合格専用カリキュラム

受験界でよくある1年間で合格することを前提につくられたカリキュラムをそのまま使いまわすようなことはなく、学習期間が約6ヶ月で合格できる専用カリキュラムをイチからつくり上げ、短期合格専用の指導方法を用意。

合否の鍵を握る「憲法・民法・行政法」に講義時間の大部分を割き、その他の科目については、試験によく出題される重要テーマに絞って短時間で効率的に攻略。

的中率バツグンのテキスト

標準学習期間を1年とする「伊藤塾 合格講座 本科生」のメイン教材「合格テキスト」を使用。合格するために必要十分な知識や情報がすべて盛り込まれています。

手厚いサポート

学習上の疑問を質問できる質問制度、疑問や不安を解消するためのカウンセリング制度のサポートがあり。

伊藤塾|速修生の担当講師

坂本 国之 講師

伊藤塾|速修生のカリキュラム 内容

戦略マスターで試験の全体像・戦略・勉強方法を把握。基礎力完成マスター講義基礎答練でインプットとアウトプットを交互に行い全範囲を一周。さらに実力完成マスター講義で主要科目の民法・行政法の出題予想範囲の知識をブラッシュアップ。

講義講義時間
(114時間)
科目別講義時間
戦略マスター3時間 
基礎力完成マスター102時間憲法18時間、民法36時間、行政法30時間、基礎法学3時間、商法6時間、一般知識等12時間
基礎答練12回憲法2回、民法3回、行政法3回、商法/基礎法学2回、一般知識等2回
実力完成マスター9時間民法・行政法
公開模擬試験1回 
オンライン勉強会6回
速修生のカリキュラム

伊藤塾|速修生の受講費用・割引

受講料188,000 円
【オプション】通学20,000 円
割引制度割引額期間
早期申し込み割引2万円 OFF5/31まで
メルマガ登録者限定割引5万円 OFF5/31まで
(※登録は5/16まで)
再受講割引40% OFF6/30まで
学割キャンペーン50% OFF5/31まで
友人紹介Amazonギフト券1万円分
速修生で利用できる割引

6ヶ月で合格できるカリキュラムですが、合格者の声をみると、本コースで4,5ヶ月で合格した人もチラホラ。
中には、3ヶ月で合格した人もいるようです。

\まずは無料で資料請求/

アガルート|速習カリキュラム

アガルートの速習カリキュラムは、短期間で合格を目指す方向けのスピード学習カリキュラムです。アガルート標準的なコース(入門総合カリキュラム)をそのまま、一部新規収録一部抜粋することで作られています。

3月に発売されたコースですが、合格者インタビューでは初学者の方でも5月後半から始めて合格した人もいます。

アガルート|速習カリキュラムの特長5つ

主要科目と足切り回避を意識

配点が高い民法・行政法、足切りがある一般知識はアガルートの標準的な講座と同じ分量憲法・基礎法学は大事なところを伝えながらも講義時間を大幅短縮
商法・会社法頻出分野(設立・機関)を抜粋

合格特典がすごい

本カリキュラムを受講して合格した場合、合格特典を「お祝い金5万円」もしくは、「受講料全額返金」から選ぶことができます。

業界トップクラス講義

講座を担当するのは、行政書士受験界でも有名な豊村講師。豊富な具体例を用いた説明は受講生から「覚えやすい」、「面白い」と評判。

質問し放題

分からないことや疑問点は、受講生限定のFacebookグループにより,何回でも無料で質問可能。

豊富な割引制度

早期割引/受験経験者割引/他資格割引/他校乗換割引/ステップアップ割引/再受講割引など豊富な割引制度あり。

アガルート|速習カリキュラムの担当講師

豊村慶太 講師

アガルート|速習カリキュラム内容

講義講義時間
(160時間)
入門総合講義145時間
短答過去問解析講座自分で演習
記述過去問解析講座15時間
模擬試験1回
速習カリキュラム
入門総合カリキュラムとの比較
  1. 配点が高い民法・行政法、足切りがある一般知識入門総合講義と同じ分量
  2. 憲法・基礎法学は大事なところを伝えながらも講義時間を大幅短縮
  3. 商法・会社法頻出分野(設立・機関)に絞る
  4. 過去問題集は時間短縮のため解析講義なし。インプット講義と条文で対応可能

※記述式は解析講義あり。

アガルート|速習カリキュラムの受講費用・割引

受講料154,000 円
期間限定割引後費用107,800円
(10月26日16:00まで)
割引制度割引額
期間限定割引30% OFF
(7月31日16:00まで)
再受験割引10% OFF
他資格割引10〜20% OFF
他校乗換割引10% OFF
家族割引10% OFF
速習カリキュラムで利用できる割引

\無料でまずは資料請求/

TAC|ベーシック本科生

ベーシック本科生は、標準的なコース(プレミアム本科生)のカリキュラムから実力完成講義(憲法・民法・行政法)と記述対策講義を除いたカリキュラム。

勉強慣れしている方は、ベーシック本科生で問題ないでしょう。
独学かTACかで悩んでいるのであればこのコースがおすすめです。
学習期間の目安は5~7ヶ月。

TAC|ベーシック本科生の特長

通信・通学両方対応

通信・通学の両方に対応。
通学の場合は教室講座かビデオブース講座から選択、
通信の場合はWeb講座かDVD講座から選択。

ミニテスト

講義最後の10分間でミニテストを行い、講義内容をすぐに確認。

TAC|ベーシック本科生のカリキュラム内容

ベーシック本科生
158時間
科目別講義時間
基本講座143時間憲法17時間、民法40時間、行政法37時間、基礎法学5時間、商法15時間、一般知識等22時間、文章理解7.5時間
ミニテスト各回
過去問集自習用
科目別答練7回
答練5回/15時間
公開模試2回
ベーシック本科生のカリキュラム

TAC|ベーシック本科生の受講費用・割引

受講費用190,000円
割引制度割引後費用
受験経験者割引158,000円
再受講割引162,750円
他資格合格者割引178,200円
ベーシック本科生のカリキュラムで利用できる割引

\まずは無料資料請求/

LEC|横溝の60時間超速マスター講座

LECの市販テキスト『出る順行政書士シリーズ』(合格基本書・合格問題集・ウォーク問過去問題集)を使い、
行政書士試験の合格に必要不可欠な知識を超速で身につける講座。

こんな人にオススメ

すでに合格基本書を使って学習している独学の方
ひととおり学習したもののインプットに不安がある方、
独学者で合格基本書の学習効果を上げたい方

LEC|横溝の60時間超速マスター講座の特長

独学からの切り替えが容易

LECのテキスト『出る順行政書士シリーズ』を使用しているので、本テキストを使用している独学で行き詰まっている人は、本講座に切り替えることが容易。

横溝講師の講義が受けられる

業界トップクラスの実力・人気のある横溝講師の講義が受けられる。

LEC|横溝の60時間超速マスター講座の担当講師

横溝慎一郎 講師

LEC|横溝の60時間超速マスター講座のカリキュラム内容

60時間超速マスター講座
講義(50時間)
演習・解説(10時間)

講義時間内訳
憲法6時間
民法27時間
行政法25時間
個人情報保護法2時間

LEC|横溝の60時間超速マスター講座の教材

  • 出る順行政書士合格基本書 1冊
  • 出る順行政書士合格問題集 1冊
  • オリジナル画面集 9冊
  • 合格六法(公法系・私法系①・②)3冊
  • 出る順行政書ウォーク問過去問題集(法令編・一般知識編)2冊

LEC|横溝の60時間超速マスター講座の受講費用

受講費用80,000円

クレアール|スピードマスターSコース

6月から勉強を始める方が短期合格できるカリキュラム。
「一般知識等」は必要最小限の学習量で済ませ、合格最低ラインの56点中24点(40%)を目指し、「行政法」「民法」はしっかりと学習し156点(87%)以上を目指す戦略。

クレアール|スピードマスターSコースの特長

通信・通学両方対応

通信・通学の両方に対応。
通学の場合は教室講座かビデオブース講座から選択、
通信の場合はWeb講座かDVD講座から選択。

合格特典あり

合格体験記等の執筆に協力すれば、「合格お祝い金」20,000円。

教育訓練給付制度対象

本講座は、厚生労働省指定の教育訓練給付制度対象講座。給対象者には受講を修了した場合、受講料の20%が国より補助されます。

2年コースあり

万が一仕事の都合で受験できなくなった場合、不合格の場合でも安心の2年コースあり。
2年コースを選んだ場合、
・1年目の受験料7,000円をクレアールが負担
・1年目で合格した場合、未受講分の受講料返金

クレアール|スピードマスターSコースの担当講師

竹原 健 講師

クレアール|スピードマスターSコースのカリキュラム

重要論点マスター講義で全科目を一周、肢別論点マスター講義でさらに全科目を1周、直前期に記述マスター・答練・模試を行う。
カリキュラムに沿うことで、自然と各科目を回転できる理想的なカリキュラム。

講義スピードマスターSコース
(155時間)
科目別講義時間
重要論点マスター講義63時間憲法6時間、民法26時間、行政法22時間、基礎法学2時間、商法3時間、一般知識等4時間
肢別論点マスター講義60時間憲法・基礎法学8時間、民法20時間、行政法22時間、商法6時間
記述マスター講義20時間民法12時間、行政法8時間
解きまくり総合答練120問 / 8時間
公開模擬試験1回 / 4時間
スピードマスターSコースのカリキュラム

クレアール|スピードマスターSコースの教材

  • マルチパステキスト7冊
  • 論点別過去問題集3冊
  • 記述マスターテキスト1冊
  • 科目別パーフェクト答練 問題・解説10回分
  • 解きまくり総合答練 問題・解説2回分
  • 公開模擬試験 問題・解説1回分

クレアール|スピードマスターSコース受講費用

受講料108,800 円
期間限定割引後費用35,904円
(7月31日まで)

\無料で資料請求/

3ヶ月で合格を目指せる講座

3ヶ月で170点台くらいまで持っていけるような人は、結構いるだろうなと個人的に思います。

ですが、170点と180点の距離はとてつもなく大きいので、講座案内で3ヶ月と言い切るのは予備校としてもすごい覚悟ですよね。

3ヶ月で合格を目指すことができるコースは次の2つ。こちらもいずれも大手。

講座名講義時間受講費用
伊藤塾 短期集中講座78時間99,00円
TAC ベーシック本科生96時間139,000円

ここまでの域になると、月間の勉強時間を130時間以上確保する必要があるかと。

順番に詳しく見ていきます。

伊藤塾|短期集中講座

全ての学校の行政書士講座で唯一、3ヶ月合格と堂々と言い切る講座。
司法試験の合格者実績で圧倒的な結果を出している伊藤塾だから安心感あり。

速修生の対象者

・初めて法律を勉強する人
・勉強できる時間は限られているが、効率的な勉強で1回で合格したい人
・独学で学習を続けているが、そのやり方に限界を感じている人

伊藤塾|短期集中講座の特長4つ

実績

毎年、多くの3ヶ月合格者を輩出し、その効果が実証済。
伊藤塾サイトの合格者の声を見ると、インタビュー動画は5人分、体験談は12人分確認できました。

メリハリをつけた講義

・今年の試験の出題予想テーマ
・各科目の重要ポイント
の2点に内容を絞り込み、メリハリをつけた講義が特徴。

3つのサポート制度

10分チェック!過去問攻略講義:学んだ知識を使って問題を解く力を養うための講義を10分講義を開設。

短期集中オンライン質問会(全6回):定期的にオンラインによる質問会を実施し、「学習方法」や「学習計画」についての悩みを解消。

重要論点チェック講義&オンライン質問会(全3回):主要カリキュラム終了後から本試験までの約1ヶ月の間に講師と一緒に重要論点をチェックすることで、万全の態勢で本試験に備えます。それと同時に、オンライン質問会も設け、本試験直前の不安や悩みも解消。

伊藤塾|短期集中講座の担当講師

森 広志 講師 

伊藤塾|短期集中講座のカリキュラム 内容

短期集中講座のカリキュラム

カリキュラムは主要科目に絞り、商法はざっくりカット。標準カリキュラムからざっくり少なくなった答練を過去問攻略講義でカバー。講師が「問題文の読み方」「着眼の仕方」から、「知識の活用の仕方」そして「答えの出し方」までを一緒に確認してくれるので確実に力が伸びます。

全78時間+答練8回+公開模試1回+オンライン質問会9回

講義講義時間
(78時間)
科目別講義時間
戦略マスター3時間 
基礎力完成マスター66時間憲法12時間、民法24時間、行政法21時間、一般知識等9時間
基礎答練8回憲法2回、民法3回、行政法3回
10分チェック!過去問攻略講義9時間(全57回)憲法12回、民法24回、行政法21回
公開模擬試験1回 
短期集中オンライン質問会6回
重要論点チェック講義
&オンライン質問会
3回
短期集中講座のカリキュラム

伊藤塾|短期集中講座の受講費用・割引

受講料99,800 円
早期申込み割引後費用79,800 円
(7/31まで)
割引制度割引額期間
早期申し込み割引2万円 OFF7/31まで
速修生で利用できる割引

\まずは無料で資料請求/

TAC|チャレンジ本科生

本コースは7月から学習を始めて、合格を目指すので学習期間は4ヶ月半あればより良いですが、まとまった時間を確保できるのであれば3ヶ月での合格も目指せます。

TAC|チャレンジ本科生の特長

需要論点・頻出事項に絞った講義

重要論点や頻出事項に絞り込んだ講義をスピード展開。

通信・通学両方対応

通信・通学の両方に対応。
通学の場合は教室講座かビデオブース講座から選択、
通信の場合はWeb講座かDVD講座から選択。

アウトプットが充実

短期講座でありながら、アウトプットを受講生に任せきりせず、「科目別答練」・「総合答練」・「最終答練」と答練が充実。

TAC|チャレンジ本科生のカリキュラム内容

標準的なコース(TACプレミアム本科生)のカリキュラムの基本講座/憲・民・行・商・政経社125時間を75時間に圧縮したカリキュラム。

チャレンジ本科生科目別講義時間
チャレンジ講義/憲・民・行・商・政経社75時間憲法10時間、民法25時間、行政法25時間、商法7.5時間一般知識等7.5時間
基本講座/基礎法学・文章理解12時間基礎法学5時間、文章理解7.5時間
過去問集自習用
科目別答練7回
答練3回/9時間
公開模試2回
チャレンジ本科生のカリキュラム

TAC|チャレンジ本科生の受講費用・割引

受講費用139,000円
夏の早割りキャンペーン129,000円
(8月2日まで)

\まずは無料資料請求/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる