【174点|独学で不合格】行政書士試験に一発合格できなかった理由

行政書士試験に独学で挑戦する初学者の人へ、僕の失敗談を共有します。

✔︎ 次の人は、時間がもったいないので読まないで下さい。

勉強方法が確立している人
通信講座や予備校を利用している人


独学初学者の方
は、不合格者の体験談には興味ないと言わず、
同じ失敗をしないために読んでくれると喜びます。

この記事を書いている僕は、2019年の行政書士試験を受験した結果、174点で不合格でした。

✔︎筆者は法律は初学者です
高校(偏差値58):1年時、全国模試の国語で学年順位で後ろから10番以内
大学:理系公立工学部卒業(学科偏差値:42)


現在は、令和2年度の行政書士試験合格に向けて勉強中です。

〜〜〜2021年1月追記〜〜〜
令和2年の試験も170点台で不合格でした・・

非常識合格法の本をプレゼント

独学の人に朗報です!

今ならクレアールに資料請求すると、市販書籍の「非常識合格法」の本が先着100名まで無料でもらえます。

合格するためのノウハウが体系的にまとめられています。

通常1,760円するので、独学で勉強中の人「行政書士試験受けようかな・・」という人も今のうちに是非どうぞ。

» 非常識合格法の本をもらう

入力作業は1分ほどで完了します。

※【実施期間】10月期:2021年10月1日(金)~2021年10月31日(日)
100名に達し次第終了となります!

※筆者が資料請求したところ、しつこい電話勧誘などは一切ありませんでした。

目次

行政書士試験 独学1年目の試験結果

点数内訳

各科目の詳細は、下の通りです。左が僕の点数、右が満点です。

点数内訳
法令等

5肢選択式
基礎法学: 0 / (8)
憲法: 8 / (20)
行政法: 60 / (76)
民法:   16 / (36)
商法・会社法: 4 / (20)

多肢選択式
憲法: 4 / (8)
行政法: 14 / (16)

記述式
行政法: 20 / (20)
民法:   20 / (40)

一般知識

政・経・社: 4 / (28)
情報通信・個人情報保護法: 16 / (16)
文章理解:      8 / (12)

【合計】

174点

後、6点で合格だった。惜しい。
と、思う人はかなり危険です。

160点台・170点台が試験結果のボリュームゾーンと言われています。
このくらいの点数で不合格の人が多いようです。

160点台・170点台は試験のボリュームゾーン。
そこから余裕を持って抜け出す得点計画を立てましょう

独学1年目の不合格理由① 勉強時間が少ない

一つ目の失敗は、勉強時間が少なかったことです。
時間が少なければ勉強量も少なくなります。

総勉強時間:400-450時間



総勉強量:
・LECの過去問を3周と10%ほど
・六法の読み込み
・その他(YouTubeでの講義視聴と参考書読み)

独学の場合、合格に必要な勉強時間は600-1000時間と言われているので、この量では足りないですね。

400-450時間でこなした勉強量

・LECの過去問を3周と10%ほど
・六法の読み込み
・その他

LECの過去問を3周と10%ほど

3周とも過去問と六法を行き来して、わからないところは参考書を見たり、インターネットで調べたりしました。
3周ともかなりじっくりやりました。

3周と10%をやるのに要した期間

LEC過去問 法令編

憲法:50問を3周 期間:7/2 -10/23

民法:90問を3周+25問 期間:7/2 -11/3

行政法:190問を3周+77問 期間:7/2 -11/5

商法:10問を1周+6問 期間:7/4 -10/12

会社法:40問中4問だけ 期間:8/17 -8/17

基礎法学:20問中7問だけ 期間:7/4 -7/8

ベストの参考書を選べましたが、勉強量が足りなかったです。
5〜10周くらいしていれば結果が変わったいたかもしれない・・と考えずにはいられません。

六法の読み込み

行政書士受験六法(東京法令出版)を使用しました。

六法に全ての情報を集約させ、直前期はひたすら六法を読みました。
行政書士受験六法(東京法令出版)

その他(YouTubeでの講義視聴と参考書読み)

上の2つ以外に、隙間時間や過去問演習に疲れた時に以下のことをしました。

  • 参考書の流し読み
  • Youtube(行政書士独学応援チャンネル佐藤先生、LEC横溝講師、アガルート豊村講師、クレアール杉田講師)
  • 情報通信・個人情報保護法(行政書士独学応援チャンネル佐藤先生のnote) → 3周

情報通信・個人情報保護法の対策は、佐藤先生のnoteがかなりおすすめです。

合格するには最低でも、過去問5周と600時間の勉強は必要だと思いました。
それでも合格率がやっと180点に届く可能性が60%くらいになるかな〜という感覚です。

なので、800時間は勉強したいですね

独学1年目の不合格理由② 勉強手順の失敗

行政書士試験に使用した参考書・問題集・過去問・六法
使用した教材

二つ目の失敗は、 一番はじめに参考書を頭から読み始めたことです。


これによって以下のような弊害がありました。

  • 参考書を読むだけだと眠くなる
  • 参考書のどの部分が重要なのかわかりずらい
  • アウトプットの訓練を始めるのが遅れる
  • 挫折する可能性が高くなる

参考書を読むと眠くなる人へのオススメの勉強手順

いきなり過去問からやる

僕と同じように参考書を読んでいると眠くなる人はこれでいきましょう。


目標達成には、到達地点からの逆算が一番の近道です。

過去問を解いて、わからないところだけ参考書に戻ります。
と言っても、最初は全問参考書に戻る事になります。

具体的には、下のような感じです。

過去問を解く → 過去問の解説を読む → 六法にチェックを入れる → 解説で理解できないところだけ参考書を読む

過去問から始める人はLECウォーク問一択

過去問から勉強を始める人は、LECのウォーク問から始めましょう。

よく一番人気の合格革命の肢別過去問題集と比較されますが、初学者の人にはLECのウォーク問の方がおすすめできます。

理由は、

・本試験の5肢択一形式に慣れながら知識を入れていける
・解説が肢別過去問より丁寧
・各肢を比較することで問題ごとの論点・キーワードに注意がいくようになる。

過去問演習でインプットする勉強方法に変えてから勉強の進捗が大きく改善しました。

〜2020年6月11日追記〜

僕みたいに、参考書を読んでいると眠くなる人は、オンスクがおすすめです。
特に独学初学者の方は、オンスクで全講義(25時間)を2〜3周視聴してから過去問に入る方法が良いと思います。

1ヶ月980円で見放題なので、2ヶ月だけ登録しても参考書と同じ値段です。
【行政書士講座|評判】オンスクだけで合格は難しいが活用できる

 

参考書から入る人は過去問を思い出せるように

参考書読み(インプット)中心の勉強が合っている人は、参考書から入って大丈夫です。

その場合は、

参考書を読む → 過去問でどう問われたかを思い出せる状態にすることが必要です。

独学1年目不合格理由③ 勉強計画を立てなかった

三つ目の失敗は、勉強計画を立てなかったことです。

その理由は、 本試験までにこなす分量を決めなかったからです。


本試験までにこなす分量を決めていれば、月次、週次、日次でやるべき勉強量が明確になり、勉強ペースが遅れていればそれに合わせた修正をしたり、戦略を変えるなどの対応策が取れます。

それをしなかったために、毎日時間がある時だけ勉強するスタイルになりました。

その結果、

 試験直前になって、商法を捨てることを決める

 あわてて情報通信・個人情報保護法の対策をする

という事態になり、本来であれば憲法(統治分野)や行政手続法の条文暗記など直前期にやるべきことが後回しになってしまいました。

計画を立てることは最低限

振り返ってみると計画を立てないってありえないですね。

本試験までにやる量を決めて、計画を立てましょう。

・本試験までに勉強する量を明確にし、月単位、週単位でやることを決めておく
・勉強できなくなる日は何日かあるので余裕をもった計画を立てる
模試・模試の見直しもスケジュールに入れる


今年のノルマは、以下のように定めています。

・公務員用新スーパー過去問 民法I・II ・・・・1周
・合格革命 肢別過去問        ・・・・5周
・合格革命 出るとこ千本ノック    ・・・・3周
・LEC 過去問             ・・・・3周
・模試                ・・・・6回

100%計画通りにいくことはないので、計画の修正も柔軟にしていきましょう。

最後まであがくこと

当たり前の事を言うようですが、自分が経験してしまったので改めて当たり前のことを言います。

最後まであがきましょう

独学で試験勉強をしていると仲間がいないので不安になって、
無駄に情報収集し過ぎてしまうんですよね。

「過去問は最低10周」
「勉強時間は800時間は必要」などなど、、、、

しかし、それに達していないがために「合格は無理だろう」と諦めてしまったことが不合格の最後の決め手でした。

 

試験直前で見たところが記述で出れば、20点近く点数が伸びることもあります。
マーク式なので勘で2、3問ラッキーがあるかもしれません。
諦めなければチャンスはあります。

以上が僕が行政書士試験に合格できなかった理由です。

本記事を読んでくれた方は、僕と同じ失敗をしないように気をつけて下さい。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2年間の試験勉強で使ったテキスト・勉強時間を次の記事で紹介しています。

無料プレゼント




行政書士講座タイプ別おすすめ9社

タイプ別
おすすめ
絶対に合格したい絶対に合格したい絶対に合格したいコスパ重視コスパ重視コスパ重視効率的に合格を目指したいとにかく忙しい独学の補助教材に
予備校
通信講座
コースWeb一括配信コースパーフェクトコース入門総合カリキュラム(ライト) 1.5年カレッジコース単一カリキュラム合格革命コースバリューセット3総合コース 単一カリキュラム
講義時間約235時間
+演習27時間
約201時間
+演習19時間
約266時間260時間208時間50時間78時間70時間25時間
特徴サポートが手厚い通学と通信が同じ料金合格特典で全額返金あり2年コースあり月額制市販書籍と通信講座の融合映像が綺麗全てスマホで完結最安
講座費用228,000円
178,000円
2021年10月末まで
235,000円
185,000円
2021年10月末まで
228,800円
160,160円
2022年2月24日まで
158,000円
43,000円
2021年10月末まで

3,480円/月

49,800円
157,800円
98,800円

67,780円

1,078円/月
学校の合格実績
1
公式サイト合格者の声
107名(2019)
合格率
56.1%(2020)
合格率
67.2%(2020)
公式サイト合格者の声
72名(2020)

掲載なし

掲載なし
合格率
41.3%(2020)
公式サイト合格者の声
59名(2020)

掲載なし
公式サイト» 伊藤塾» LEC» アガルート» クレアール» 藤井予備校» 独学道場» フォーサイト» スタディング» オンスク.JP
評判・口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ
主要講座比較表
タイプ絶対に合格したい絶対に合格したい絶対に合格したいコスパ重視コスパ重視コスパ重視合格点主義とにかく忙しい独学の補助教材
予備校・通信講座
コースWeb一括配信コースパーフェクトコース入門総合ライトカリキュラム1.5年カレッジコース単一カリキュラム合格革命コースバリューセット3総合コース 単一カリキュラム
講義時間約235時間+演習27約201時間+演習19約255
-279時間
266時間208時間50時間78時間70時間25時間
講座費用228,000円
178,000円
10月末まで
235,000円
185,000円
10月末まで
228,800円
160,160円22/2/24まで
158,000円
43,000円
10月末まで

3,480円/月

49,800
157,800円
98,800円

67,780円

1,078円/月
合格実績1合格者の声107(2019)合格率
56.1%
(2020)
合格率
67.2%
(2020)
合格者の声72名
(2020)

掲載なし

掲載なし
合格率
41.3%
(2020)
合格者の声59
(2020)

掲載なし
公式
サイト
» 伊藤塾
» LEC» アガルート» クレアール» 藤井予備校» 独学道場» フォーサイト» スタディング» オンスク.JP
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
主要講座比較表

1:該当コースのみの実績ではありません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる