【比較表付き】行政書士講座のタイプ別おすすめ9選|8項目で徹底比較

「本当におすすめの行政書士の通信講座ってどこなの?」

この記事の想定読者は、このようにお悩みの方です。

結論から言うと、
「おすすめ講座は、選ぶ人のタイプによって異なります。

この記事では、9つの主要行政書士講座を3つのタイプ別に分け、そのタイプ別グループ内で比較することで、自分にぴったりの講座を選びやすいようにしました。

とにかく合格したい人向け、
コスパ重視、
忙しい人向け、
と3タイプに分けています。

筆者の行政書士受験歴

2019年:独学で174点(LECのウォーク問を中心に勉強)
» 【174点|独学で不合格】行政書士試験に一発合格できなかった理由


2020年:独学で176点(スー過去・合格革命肢別を中心に勉強)
» 行政書士試験「独学は厳しかった」2年連続170点台不合格|勉強時間とテキスト


2021年は、海外居住のため受験を諦める予定。

悲しいことに行政書士受験生3年目になってしまいましたが、
その分、一発合格した人よりも、予備校や通信講座に詳しかったり、多くの講義を体験してきたので、リアルな情報が伝えられるかと思います。

行政書士講座は、通信講座によって
講義時間が、30〜300時間ほど
受講費用が、5〜25万円ほど
と、ばらつきがあります。

これが初学者が講座選びに悩む原因です。

これに加え、合格実績講師・テキストとの相性サポート体制合格特典を考慮に入れ、講座選びをします。

比較すべき点が7個も8個もあると嫌になりますよね。

でも、そこで思考停止して、ランキングサイトの上位の講座を選ぶと、

「自分に合っていなかった・・」
「期待外れだった・・」

なんてことになりかねません。

僕のTwitterの受験生仲間も、上のような人が散見されました。

この記事を読めば「自分にぴったりの行政書士講座が簡単に見つかります」なんてことは、言えません。

1年近く利用する高い買い物です。

講座選びに3〜7日間かかることを覚悟して、この記事で気になった2,3社に資料請求し、
サンプルテキストの確認・サンプル講義体験をしてから講座を決めて頂ければと思います。

受験生歴3年の僕が、本気でおすすめする3社》

タイプ絶対に合格したい絶対に合格したい絶対に合格したいコスパ重視コスパ重視コスパ重視とにかく忙しいとにかく忙しいとにかく忙しい独学の補助教材に
通信講座
(公式サイト)
コース新・合格講座入門総合カリキュラム(ライト) パーフェクトコース初学者カレッジコース月額制合格革命コース総合コース S式合格講座
+記述対策講座セット
バリューセット3ウケホーダイ
講義時間約195時間
+演習77回
約266時間約201時間
+演習19時間
265時間208時間50時間83時間72時間78時間25時間
特徴・合格後を見据えた指導
挫折させない仕組み
・圧倒的な講義の分かりやすさ
・全額返金あり
通学と通信が同じ料金・サポート充実
・2年コースあり
月額制市販書籍と通信講座の融合全てスマホで完結スマホでインプット・アウトプット可能スマホでインプット・アウトプット可能最安
講座費用198,000円
178,000円
1月30日まで1
228,800円
160,160円
2022年2月24日まで
235,000円
195,000円
12月31日まで
169,000円
49,010円
12月31日まで

3,480円/月

49,800円

64,900円

59,800円
※不定期に割引あり

94,800円

1,078円/月
学校の合格実績
1
公式サイト合格者の声
107名(2019)
合格率
67.2%(2020)
合格率
56.1%(2020)
公式サイト合格者の声
72名(2020)

掲載なし

掲載なし
公式サイト合格者の声
59名(2020)

掲載なし
合格率
41.3%(2020)

掲載なし
評判・口コミ評判口コミ評判・口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判口コミ評判・口コミ評判・口コミ評判・口コミ評判口コミ
主要講座比較表
タイプ絶対に合格したい絶対に合格したい絶対に合格したいコスパ重視コスパ重視コスパ重視とにかく忙しいとにかく忙しいとにかく忙しい独学の補助教材に
通信講座
公式サイト
コース新合格講座入門総合ライトカリキュラムパーフェクトコース初学者カレッジコース月額制合格革命コース総合コース S式合格講座+記述対策講座セットバリューセット3ウケホーダイ
講義時間約195時間+演習77回約266時間約201時間+演習19265時間208時間50時間83時間72時間78時間25時間
講座費用198,000円
178,000円
1月30日まで
1
228,800円
160,160円

22/2/24まで
235,000円
195,000円
12月31日まで
169,000円
49,010円
12月31日まで

3,480円/月

49,800円

64,900円

59,800円
※不定期に割引あり

94,800円

1,078円/月
合格実績合格者の声107(2019)合格率
67.2%
(2020)
合格率
56.1%
(2020)
合格者の声72名
(2020)

掲載なし

掲載なし
合格者の声59名
(2020)

掲載なし
合格率
41.3%
(2020)

掲載なし
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
評判
口コミ
主要講座比較表

1:条件として、1月24日までにメルマガ登録
2:該当コースのみの実績ではありません。

目次

主要行政書士講座9社を次の3タイプに分けます。

  • 絶対に合格したい人向け
  • コスパ重視で選びたい人向け
  • とにかく忙しい人向け

行政書士 通信講座|絶対合格したい人におすすの3社

受験生

・価格は二の次、絶対合格したい
・とにかく講義のわかりやすさ重視
・なんとか1年で合格を決めたい

という方には、次の3社がおすすめです。

  • アガルート ← 合格特典の全額返金がおまけに思える程の講義の分かりやすさ
  • 伊藤塾 ← 合格後の活躍を見据えた理解重視の講義、サポートの手厚さNo.1
  • LEC ← 業界で一番ベンチマークされる大手、超人気の横溝講師

この3社の共通点は、司法試験にも対応しており法律系資格に強いこと。

そして、多くの信者がいることです。(※良い意味です)

行政書士試験では、テキスト・カリキュラム・講師に対して疑念が生じると、勉強に集中できなくなったり、勉強の方向性を勝手に変えて、合格から遠ざかってしまうことがあります。

そのためにも受講生を信者化できるかは、少しでも合格に近づくために大切な要素です。

ちなみに、豊村信者(アガルート)、伊藤塾信者、横溝信者(LEC)が受験生ツイッター界隈で確認できています。

「絶対に合格したい」という思いの人は、試験勉強期間中だけでも上3社のどれかの信者になることを真剣におすすめします。

サポート面は、伊藤塾が頭一つ飛び抜けていますが、費用や合格特典を含めるとアガルートに分がある感じかと思います。

が、この3社くらいレベルが高いと、後は、講師・テキストの相性で判断するのが良いでしょう。

行政書士 通信講座|コスパ重視の人におすすめの3社

受験生

・講義の質も求めつつ、安く収めたい。
・講義の質は必要だけど、万全なサポートまではいらない。

という方には次の3つがおすすめです。

  • クレアール ←時期によっては、合格特典含めると独学より安い
  • 藤井行政書士予備校 ←月額3,480円
  • TAC独学道場 ←人気の市販書籍をそのまま使える。独学からの切り替えが容易

このグループの中でもクレアールがコスパは圧倒的No.1です。

講義時間もボリュームがあり、杉田講師の講義の質、充実のサポート体制、申込時期によっては5万円前後になります。
人気独学シリーズを買い揃えた場合とクレアールとを、次の記事で比較しています。
» クレアールは、独学並みに安くなる|人気独学シリーズと比較

藤井行政書士予備校は、2年受講しても、他の多くの予備校より安く収まるのコスパ良さ、受講期間で費用をコントロールできるのが魅力です。

行政書士 通信講座|とにかく忙しい人におすすめの3社

・忙しいので隙間時間に勉強したいです。
・机に向かう時間が確保できません。
・スマホで勉強したいです。

と、勉強時間の確保が問題となっている方には次の3つがおすすめです。

  • スタディング ←スマホ完結という点でNo.1、プロモーション時期によっては、5万円切ることも。
  • S式合格講座(LEC) ←大手LECの知見・ノウハウをスマホ専用講座に落とし込み。
  • フォーサイト ←Manabunが人気。

3社(講座)ともスマホでインプットアウトプットの両方ができるのが特徴です。

次項から、上記の講座を含め、各社の詳細情報を1社ずつ紹介していきます。

行政書士 通信講座|絶対に合格したい人にオススメ① アガルート

絶対に合格したい人にオススメの講座の中で、当ブログで一番におすすめしているのがアガルートです。

初学者の人は、アガルートの全額返金合格率に目が行くと思いますが、それよりも講師の人柄・講義の分かりやすさ・面白さこそがアガルートの魅力です。

講師の人柄は、勉強のモチベーションに繋がるので、押さえておくべきポイントです。

異常に高い合格率に関しては、受験経験者を大きく集めることで高い数字が出ているということが予想できますが、裏を返せば「目の肥えた学習者に選ばれている」という、アガルートの実力の証明とも言えます。

講座の特長
  • 入門総合講義の担当講師は、豊村講師・相賀講師から選択可能。
  • 合格特典:全額返金 or 5万円
  • 高い合格率:令和2年 67.2%、令和元年 72.7%
  • テキスト:シンプルなフルカラー。講師作成、図表により視覚的にわかりやすい。
  • サポート体制:受講生限定のFacebookグループで質問
講義の特長
  • わかりやすいから理解できる、理解できるから面白い・楽しいの好循環
  • 通信なのに受講生に問いかけて考えさせる
  • 画面にテキスト、講師の両方が映し出され、講師がテキストへ書き込みながら進める講義スタイル
    (事例・例え話などの時は、講師だけの画面に切り替わる)
講師
  • 豊村講師は、講義のわかりやすさからから絶大な人気。
  • 相賀講師は行政書士受験生ツイッター界隈で人気あり、講義の評判も高い。
  • 田島講師、講師業の経験に裏打ちされる、受講生を引きつけるテンポ、声のトーン、雑談の面白さあり。
  • 林講師、緻密な分析を講義・テキストに落とし込むことに定評あり。
アガルートのデメリット
  • カリキュラムのボリュームから、勉強時間が確保できない人には難しい。
  • 質問がFacebookのみ
  • 受講費用が高い。

講師・講義・テキスト評判・口コミや割引情報、コース詳細は次の記事にまとめています。
講義の評判は、「分かりやすい」だけでなく、「おもしろい」「楽しい」といった口コミが散見されたのが印象的です。

アガルート 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

アガルートは上の通り、レベル別に4カリキュラムに分かれ、そこから2,3のコースの分かれます。

初めて行政書士試験の学習をスタートする方が1年で合格するためのカリキュラム
宅建に合格していても、行政書士試験の勉強が初めてであれば、入門を選ぶことになります。

入門総合講義

・基本講義のみ。
・合格特典の全額返金の対象外

講義時間:約164~188時間
受講料:168,000 円
→ 129,360円(※2022年2月24日まで)

入門総合ライト

講義時間:約266時間
受講料:22,8800 円
→ 160,160円(※2022年2月24日まで)

入門総合フル

講義時間:約340時間
受講料:261,800 円
→ 183,260 円(※2022年2月24日まで)

コースの詳細情報は、ガイダンスを試聴するとイメージが湧きます。
豊村講師の人柄なども把握できるので、アガルートが気になる方はチェックしましょう。

\ガイダンス視聴は、こちら/

令和3年度 受験者必見
再受験割引・他校乗換割引で、セール価格からさらに割引
» 各種割引制度(最大 20% OFF)

行政書士 通信講座|絶対に合格したい人にオススメ②伊藤塾

絶対に合格したい人にオススメの講座の中でも、当ブログで二番におすすめしているのが伊藤塾です。

講師陣のレベルが明らかに高く、カウンセリング・パーソナルトレーナーのサポートで挫折させない仕組みがあり、そして司法試験でも業界トップクラスの実績があります。

「合格後、法律家としての活躍できるように理解重視の講義を大切にする」というスタンスで、一社だけ目線が違います。

口だけではなく、その想いが各講師陣の講義にも現れているのが最大の特徴です。

講座の特長
  • 受講費用20万円前後、総講義時間200時間前後
  • カウンセリング制度・パーソナルトレーナーによるサポートなど、挫折させない仕組みがある。
  • 質問制度は、1日1回まで。
  • テキスト:対面講義での受講生の反応をもとに毎年改善。
  • 講師陣が熱い
講義の特長
  • 理解重視の講義
  • 受講生に気合を注入するくらい熱量がこもっている
  • 通信であっても、対面授業のように、問いかけて考えさせるスタイル
講師
  • 平林講師:伊藤塾の中でも特に人気。忙しい講師業をしながら、司法書士試験に合格しており、社会人受験生の気持ちが分かる。
  • 志水講師:伊藤塾行政書士講座の立ち上げ期から携わっている。今年から、志水講師専属のコースが開講。
  • 坂本講師:話すテンポ、間の取り方、論理的な説明から講義が分かりやすいと評判。
  • 森講師は:毎年、短期講座を担当。面白いキャラクター。

伊藤塾の講師陣は、通信でありながら受講生にたくさん問いかける、理解重視の講義、熱がこもっている、の3点は共通しています。

伊藤塾のデメリット
  • 合格特典がない
  • 受講費用が高い

伊藤塾の評判・口コミ、割引情報、コース詳細は次の記事にまとめています。

伊藤塾 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

合格講座・中上級講座の2種類

合格講座は次の4コースから選びます。

  • 新・合格講座 メインコース
  • 志水晋介の行政書士講座 ←合格後、開業したい方におすすめ
  • Web一括配信コース
  • 速修生コース ←4〜7ヶ月で合格を目指せる開講待ち
新・合格講座

通常カリキュラム個別サポートの両輪により、合格をより確実なものにする講座。
パーソナルトレーナー・カウンセリング制度・質問制度に加え、学習継続サポートクラスがセット。

▶︎通常カリキュラム:インプット講義を5段階(体系→入門→基礎→応用→総まとめ)に分け、各段階で各科目を1周。並行してレベルに応じた問題演習を行います。
▶︎学習継続サポートクラス:月1回2時間ほど、オンライン講義のポイントフォロー、疑問や悩みの解消、学習進捗などをサポート。

講義時間:全195時間+演習77回+模試2回
受講料:198,000 円 
→ 178,000 円(※11月30日まで)

志水晋介の行政書士講座

志水晋介講師が、インプットからアウトプットまでを1人で行う一貫指導の講座。

合格後の実務を見据えた理解重視の講義により、法的思考力を養います。
講義内の実務の話で、合格後を意識させ、モチベーション維持を図ります。

質問制度・カウンセリング制度もセット。

講義時間:全224時間+演習12回+模試2回
受講料:198,000 円 
→ 178,000 円(※11月30日まで)

Web一括配信コース

標準カリキュラムよりも3〜6ヶ月長く勉強するカリキュラム。
講座開始時に使用するのは2021年試験用の教材ですが、法改正などの必要な情報は、適宜フォローされます。

講義時間:
受講料:228,000 円 
→ 188,000 円(※11月30日まで)

速修生コース(2022年合格目標 開講待ち

徹底的に無駄を省いた短期合格するためのカリキュラム。
短期合格専用でありながら、理解重視
講義時間:全114時間+答練12回+勉強会6回+公開模試1回
受講料:188,000 円

\11月30日まで2万円OFF/

2021年度行政書士試験 受験者限定

早期申込安心制度受付中。2021年度行政書士試験に合格していた場合に、受講料を全額返金、もしくは、割引価格で実務講座や他資格講座に振り替えできる制度。

《対象講座》
❶2022年合格目標 新・行政書士合格講座
2022年合格目標 志水晋介の行政書士講座
2022年合格目標 行政書士 上級講座


※制度利用期限:2021年12月24日(金)まで
» 早期申込安心制度の詳細はこちら

伊藤塾で気になるのは費用の高さです。
その点、アガルートであれば合格特典で全額返金を狙うことができるので、どうしても気になるところ。
伊藤塾ほどのサポートはないですが、全額返金特典を”おまけ”と思わせるほどの講義の分かりやすさが魅力です。

次項では、アガルート行政書士講座を紹介していきます!

行政書士 通信講座|絶対に合格したい人にオススメ③ LEC

出典:LEC公式サイ

絶対に合格したい人にオススメの講座の中で、3番におすすめしているのがLECです。

個人的には、独学受験時の「あと50日の過ごし方」、ウォーク問、2つの単科講座でお世話になったので、横溝講師の講義の分かりやすさ・教材の質の高さからも十分おすすめできる講座ですが、上の2社と比べると3番目なってしまいます。

LECは、通学・通信両方に対応している大手予備校です。

講座の特長
  • 受講費用20万円前後、総講義時間200時間を少し超える程度
  • 専門スタッフに質問し放題
  • 自習室利用可能
  • コースの途中でも講師を選べる
  • 受験生のモチベーションを上げる企画多数
講義の特長
  • かゆいところに手が届く講義、問題が解けるようになる講義(ポリシー)
  • 憲法・民法・行政法の事例、背景を用いた説明が群を抜いてわかりやすい。
  • 愛を感じる厳しい指導
講師
  • 横溝講師は、実力・人気を兼ね備えたLECの看板講師。講義も分かりやすく、行政書士受験生向けのブログのPV数は芸能人並み。
LECのデメリット
  • 講義画質が少し粗い
  • 合格特典がない
  • 受講費用が高い

割引情報、評判・口コミ、コースの詳細情報は次の記事をご覧ください。

LEC 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

初学者向け講座は次の3コースから選びます。

  • パーフェクトコース ←おすすめ
  • パーフェクトコースSP
  • 合格講座スタンダードコース
パーフェクトコース(通信/通学)

行政書士試験の学習が初めてという方むけ

講義時間:合格講座165時間+答練24時間+記述式10時間+文章理解5時間+模試解説5時間+模試2回
受講料:235,000 円

パーフェクトコースSP(通信/通学)

法律を初めて学ぶ方むけ

講義時間:パーフェクトコース+入門講座14時間
受講料:255,000 円

合格講座スタンダードコース(通信/通学)

合格発表後の2月スタートの短期集中型

講義時間:合格講座165時間+答練24時間+模試解説5時間+模試2回
受講料:189,000 円

\LECに無料会員登録/

LECは不定期的に割引プロモーションのメールが届くので、会員登録しておくと割引情報を知ることができます。

行政書士 通信講座|コスパ重視の人におすすめ① クレアール

コスパ重視の人にオススメの講座の中でも、当ブログで一番におすすめしているのがクレアールです。

メイン講師の杉田講師は、熱のこもった講義で評判が高く、講義時間も260時間と充実しています。
サポート体制も質問し放題、受講費用は割引価格は5万円前後、とコスパ重視で選ぶ場合、圧倒的No.1です。

2コースを選択し、1年目で合格した場合、独学並みに安くなります。

クレアール行政書士講座は、最小の労力・最小の費用で、短期間かつ一回の受験での合格を目指すことを掲げています。

講座の特徴
  • 2年コースあり
  • サポート体制:質問無制限/添削指導/セルフチェックシート
  • 合格特典20,000円あり
  • 教育訓練給付金制度利用可能
  • 学費ローン無金利キャンペーンあり
講義の特徴
  • 杉田講師は熱い語り口の講義で評判
  • 同価格帯の通信講座の3倍以上の講義時間
  • 講義画面に板書・テキスト、講師が映し出されるスタイル
講師

杉田講師の講義を体験して感じたことは、
・目線が常に受講生を向いていて実際の講義の様。
・例え話を多く引用し、表現を伝えるための声の抑揚が大きく印象に残る。
・力を込めて説明する部分、流す部分をはっきり分けている。
など。

クレアールの評判・口コミ、割引情報、コース詳細は次の記事にまとめています。

クレアール 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

クレアールはレベル別に次の4コースがあります。

クレアール行政書士講座でメインとなるコース。

対象者:初めて学習する人、行政書士試験が初めての人

●完全合格初学者カレッジコース

講義時間:265時間
受講料:169,000 円 
→ 47,320円(※11月30日まで)

合格お祝い金2万円進呈、教育訓練給付対象

カレッジ2年セーフティーコース

講義時間:473時間
受講料:230,000 円 
→ 64,400円(※11月30日まで)

1年目合格の場合、合格お祝い金2万円進呈・未受講分返金制度
1年のみ、受験料7,000円クレアール負担

クレアールの無料お試し講座は、以下の講義が30日間視聴可能と、かなりお得です。

憲法基本講義:単元1~22
重要論点マスター講義:単元1~9
民法基本講義:単元1~25
重要論点マスター講義:単元1~13
行政法基本講義:単元1~32
重要論点マスター講義:単元1~17

\まずは、無料講義体験/

行政書士 通信講座|コスパ重視の人におすすめ② 藤井行政書士予備校

コスパ重視の人にオススメの講座の中で、2番におすすめしているのが藤井行政書士予備校です。

藤井行政書士予備校は、月額制を採用しており、「行政書士に本当に合格できる講座」「可能な限り低価格」で提供する通信講座です。

講座の特長
  • 月額3,480円全208時間の講義が見放題
  • スマホでも過去問演習が可能
  • 単一カリキュラムなので講座選びに悩まない
  • 文章理解対策も好評版
講義の特長
  • ときに実務経験の話を入れることで、やる気を刺激し飽きさせない。
  • 過去問を大切にしながらも、法律の成り立ちから理解を促す。
  • 大切なことを言うときは、びっくりするくらい大きな声で説明
講師

藤井慎哉講師は、LECで9年、藤井行政書士予備校でも9年の講師経験あり。
利用者の声で多いのは、説明はテキストに沿いながらも様々な事例を織り交ぜることで、理解・記憶しやすくしてくれるとのこと。司法試験合格者でもある。

藤井行政書士予備校のデメリット
  • テキストはPDFを自分で印刷。製本版もあるが高い。
  • 質問が掲示板のみ
  • 月額制は10ヶ月以上の縛りがある
  • 模試がない

藤井行政書士予備校の評判・口コミ、コース詳細は次の記事にまとめています。

藤井行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

初級者も中上級者も「これだけやれば受かる」という考え方を一貫しているので、コースは一つのみです。

月額制

カリキュラムは、基礎期・練成期に「合格講座」と過去トレ(過去問演習)を繰り返し、直前期に4つの特別講座で直前木を仕上げる。

講義時間:208時間
受講料:3,480 円/月

<オプション>
製本版テキスト:25,300 円
製本版過去問:25,300 円

DVDコース

内容、カリキュラム共に月額制と同じ。
製本版テキスト・製本版過去問・DVD付き

受講料:95,700 円


\お試し講義を見る/

行政書士 通信講座|コスパ重視の人におすすめ③ TAC独学道場

引用:合格道場公式

コスパ重視の人にオススメの講座の中で、3番におすすめしているのがTAC独学道場です。

TAC独学道場は、TACの市販書籍の「合格革命シリーズ」or「みんなが欲しかったシリーズ」から選択して、TAC講師のWeb講義を受講できる準独学のような通信講座です。

 5万円を切る価格でありながら、TAC講師の講義(50時間程度)、実績ある独学用書籍、会場受験の模試がセットということでコスパは高いと感じます。

独学か通信講座か迷っている方には、ちょうど良い講座と言えます。

講座の特徴
  • 講義が50時間程度と短め
  • 模試5回分がセット
  • サポート体制:5回まで質問可能
  • 独学者から支持されるテキストを使える
  • 模試(2回分)は会場受験可能
講義の特徴
  • 人気の市販テキスト× TAC講師の講義
  • 電子黒板を使用して、テキストに沿って説明しいくスタイル
TAC独学道場のデメリット

クレアール・藤井行政書士予備校と比べると講義量が少なく過去問解析などの分量が少ない。

TAC独学道場の評判・口コミ、コース詳細は次の記事にまとめています。

TAC独学道場|コースの種類(講義時間/費用)

フルパック
講義時間:50.25時間
受講料:49,800 円
担当講師:佐藤リサ講師

\テキスト・お試し講義を見てみる/

行政書士 通信講座|忙しい人におすすめ① スタディング

引用:スタディング公式サイト

忙しい人にオススメの講座の中でも、当ブログで一番におすすめしているのがスタディングです。

インプット学習・アウトプット学習の全てをスマホで完結できるので、仕事や家事が忙しく、机に向かって勉強する時間がない方には、特におすすめです。

特に良いと思ったのは、勉強時間や進捗状況が自動的に集計され、グラフや数値で見られるレポート機能です。
モチベーションアップや目標の勉強時間に対する現状把握をすることは、試験勉強において大事な要素です。

講座の特徴
  • テキスト・問題演習が全てスマホ・PC・タブレットで完結
  • テキストの印刷可能
  • 機能が豊富(学習フロー、学習レポート、勉強仲間、メモ、検索機能)
  • ほぼ毎月末にクーポンが配布される
  • 合格特典:10,000円
  • 格安:割引なしで5万円を切る
  • 再受講割引は2万円を切る
講義の特徴
  • 講師が電子黒板の横に立って解説
  • WEBテキストを使用(製本版は別料金)
  • スマホでも講義動画とWEBテキストを同時に表示できる
講師

担当の竹原講師は、クレアールでも講師を勤めていますが、クレアールでの竹原講師の講義は、座って講義をしているため、動きが少なく印象に残りずらい感じでしたが、スタディングでは、立って講義をしているため動きが大きく、声が通っている感じがします。

スタディングのデメリット
  • 質問できない
  • 講師を選べない
  • テキストは自分で印刷(製本版テキストは別売り)

スタディングは、フォーサイトと並んで初学者に人気です。
フォーサイトと比較すると、価格・再受講割引・ベテランの竹原講師・全てスマホで完結できるという点が強みです。

スタディングの評判・口コミ、講座の詳細情報は次の記事をご覧ください。

スタディング 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

スタディングは、初学者と学習経験者が同じ内容の講義を受ける単一カリキュラムです。

コースは、2種類に分かれます。
合格コースが基本となり、それに論点200講義・答練・模試を加える場合、総合コースになります。

合格コース
  • 講義時間:基本講座34時間+過去問解法講座22時間+記述式解法講座14時間
    スマート問題集+セレクト過去問集+13年分テーマ別過去問集+記述式対策問題集
  • 受講料:49,500 円(税込)

・分割:4,200 円×12回
再受講割引:17,380 円

総合コース
  • 講義時間:合格コース+論点200講義13.5時間・答練10回・模試1回
  • 受講料:64,900 円
    53,900円(※11月30日まで)

・分割:5,600 円×12回
・再受講割引:26,180 円

<共通オプション>
製本版テキスト:13,200 円

\まずは無料体験版をためす/

スタディングは、忙しい方にぴったりの講座ですが、逆に机に向かって勉強する時間を確保できる人は、「わざわざスタディングにする必要はないかな」というのが正直な感想です。

基本は隙間時間のスマホ学習になりそうだけど、「机に向かう勉強時間も確保できる」という方は、次に紹介するLECのS式合格講座がおすすめです。

行政書士 通信講座|忙しい人におすすめ② S式合格講座(LEC)

引用:LEC S式合格講座

忙しい人にオススメの講座の中で、2番におすすめはLECのS式合格講座です。

大手LECのノウハウを活かしたスマホ専用講座。
スキマ時間に繰り返し学習でインプットし、スマホアプリによる一問一答問題集で合格に必要な知識を身につけます。

合格者の声を見ると、4月5月に勉強を始めた方がいるので、短期合格も狙えます。
» S式合格講座 合格者の声を見る

講座の特長
  • 他のLECの通信講座と違い、講義映像は、講師の背景に図表を用いて講義
  • 講義は1 ユニット15分
  • 講義動画をダウンロードして視聴可能
  • 専門スタッフに質問し放題
講師

鎌田 晃生 LEC専任講師

S式合格講座のデメリット
  • テキストは自分で印刷(製本版テキストは別売り)
  • 模試なし

S式合格講座(LEC)|コースの種類(講義時間/費用)

S式合格講座
  • 講義時間:60時間
  • 受講料:45,000 円(税込)
S式合格講座+記述対策講座セット
  • 講義時間:70時間
  • 受講料:59,800 円(税込)

<製本版テキスト>
S式合格講座別売テキストセット:17,000円
S式記述対策講座別売テキスト:2,000円
S式模試パック:15,000円

\まずは、スマホで無料お試し受講/

行政書士 通信講座|忙しい人におすすめ③フォーサイト

引用:フォーサイト公式サイト

忙しい人にオススメの講座の中で、3番におすすめするのはフォーサイトです。

フォーサイトは、合格に必要十分な量だけを勉強する「合格点主義」を掲げる通信講座です。
eラーニングシステム「道場破り」から始まり、現在では「Manabun」、バーチャル講師など、オンライン教育の分野に関しては、新しい取り組みをいち早くしてきました。

講座の特長
  • スマホで問題演習が可能 Manabunを試す
  • バーチャル講師が選べる
  • 薄めのフルカラーテキスト
  • 合格グッズが豊富、合格手帳が好評判
  • 合格率が高い:2020年は41.3%(唯一、合格者数・合格率の両方を公表)
  • 全額返金保証制度あり(バリューセット3のみ)
  • 合格特典:Amazonギフトコード最大2,000円分
  • 教育訓練給付金制度利用可能
講義の特徴
  • 福澤講師の穏やかな口調
  • 全体の講義時間を短くまとめ、何度も復習するスタイル
  • 高画質。画面にテキストを写し、講師がマーカーを引きながら解説していくスタイル
講師

担当の福澤講師は、穏やかな口調で講義します。
フォーサイトとしても、身体表現の指導・ボイストレーニング・目力・笑顔の研修で常に講師の質の向上を図っています。

フォーサイトは僕自身、講座を申し込んだ過去があり、
その時は受験を諦めてしまったので、行政法に入る前に勉強を辞めてしまいました。

率直に、周囲の人気に対して僕には合わなかったです。
申し込む前には必ず資料請求、講義体験、テキストの確認をするようにしてください。

フォーサイトの評判・口コミ、講座の詳細情報は次の記事をご覧ください。

フォーサイト 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

どのコースもeラーニング ManaBun、合格カード、行政書士マンガ、合格手帳、他がセットで、教育訓練給付金制度利用可能です。

フォーサイトのコースは、初学者と学習経験者が同じ内容の講義を受ける単一カリキュラムです。バリューセット1(基礎講座+過去問講座)が基本となり、それに直前対策や答練を加えるかどうでコースを選ぶ形です。

バリューセット1

行政書士試験に必要なインプット・アウトプットを一通りカバーしたセット。

講義時間:62時間(入門編・基礎講座・過去問講座)
無料メール質問 5回
受講料:54,800 円(税込・送料別)送料:730円

バリューセット2

バリューセット1の内容に直前対策を加えた講座。

講義時間:67時間
無料メール質問 15回
受講料:76,800 円(税込・送料別)

バリューセット3

バリューセット1の内容に直前対策・答練・一問一答を加えた講座。

講義時間:78時間
無料メール質問 25回
受講料:98,800 円(税込・送料別)

\まずは資料請求/

その他の行政書士講座

これまでタイプ別おすすめ通信講座を紹介してきましたが、この項ではその他の行政書士講座を紹介していきます。

行政書士 通信講座|大手予備校TAC

TACは、行政書士受験生界隈では、LECと並んで2大大手予備校として認知されています。
全国に校舎があるため、通学で学びたい人から支持されています。

当記事では、”タイプ別おすすめ”から外していますが、小池講師・神田講師は界隈でもかなりの人気講師です。

講座の特長
  • 受講費用20万円前後、総講義時間200時間を少し超える程度
  • 通信・通学の両方に対応
  • 2012年~2020年の間に1,529名の合格者を輩出
  • スクーリング(通信受講生が教室講座のクラスに出席できる)制度
  • 自習室利用可能
  • 専門スタッフに質問し放題
  • デジタル添削システム
  • 一般教育訓練給付制度 対象
講義の特長
  • 教室講義を収録した講義映像を使用。
  • 黒板を使用。
講師
  • 小池講師:TACの看板講師
  • 神田講師:独学用人気書籍「みんなが欲しかった」シリーズの著者
TACのデメリット
  • 受講費用が高い

割引情報、評判・口コミ、コースの詳細情報は次の記事をご覧ください。

TAC 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

初学者向け講座は次の2コースから選びます。
両コースとも教育訓練給付制度の対象です。

  • プレミアム本科生
  • プレミアム本科生Plus
プレミアム本科生

行政書士試験の学習が初めてという方むけ
学習期間の目安:7~13ヶ月

講義時間:合格講座179時間+模試2回
受講料:236,000 円
199,000円(※12月20日まで)

プレミアム本科生Plus

プレミアム本科生に基礎マスター講座を加えたコース
学習期間の目安:10~15ヶ月

講義時間:合格講座196時間+模試2回
受講料:259,000 円
209,000円(※12月20日まで)

\まずは無料資料請求/

行政書士 通信講座|独学の補助教材としておすすめ オンスク.JP

引用:オンスク.JP

オンスクは、月額1,078円から利用できて資格・ビジネス・趣味など50講座以上が受講し放題のすきま時間にスマホで学習できるオンライン学習サービスです。

総講義時間が25時間と短いですが、独学者の勉強の導入として、おすすめできます。
法律の勉強では、「全体を捉える」→「隙間を埋めていく」というのが理想的だからです。

短い時間で主要科目の要点をおさえた講義が一周できるという効果的と言えます。

講座の特長
  • テキストはダウンロード・印刷可能
  • 学習管理機能、キーワード検索機能は便利
  • 月額プラン(ウケホーダイ)はいつでも解約可能
  • 月額プラン(ウケホーダイ)は、他の資格も追加料金なしで勉強できる
  • 基礎法学、一般知識対策がカリキュラムにない
講義の特徴
  • 1回の講義が10分程度
  • 講師の横に講義スライドを写すスタイル
  • 要点のみ
講師

声は聞き取りやすいですが、原稿を読んでいるだけの印象を受けました。
単元ごとの力配分のアドバイスがある点は良かったです。

オンスクの評判・口コミ、講座の詳細情報は次の記事をご覧ください。

オンスク.JP 行政書士講座|コースの種類(講義時間/費用)

月額プラン、資格別プランの2種類があります。
他の資格も並行して勉強したいという方は、月額プランはピッタリです。

特徴:行政書士講座の他に、簿記・FP・社労士・宅建など50以上の講座も受け放題

講義時間:25時間/問題演習581問

ウケホーダイ(ライト)

ダウンロード教材:PDFテキスト
受講料:1,078 円/月(税込)

ウケホーダイ(スタンダード)

ダウンロード教材:PDFテキスト、音声、講義スライド
追加機能等:キーワード検索機能、復習機能、特別問題
受講料:1,628 円/月(税込)

1ヶ月で解約した場合、料金は参考書一冊分より安くなるので、
僕は、本試験終了後から合格発表日までの期間だけ利用をしました。

\まずは無料でお試し/

続いては、講座を選ぶ際の比較ポイントを紹介していきます。

おすすめ行政書士講座 8項目で比較

講座選びの際の比較すべき項目から紹介していきます。

  1. 費用
  2. 講義時間
  3. 講師
  4. テキスト
  5. 合格実績
  6. サポート体制
  7. 合格特典
  8. スマホ対応

おすすめ行政書士講座 費用で比較

通信講座
コース
費用その他の割引教育訓練
給付金制度

入門総合カリキュラム
(ライト)
 
228,800円
160,160円
2022年2月24日まで
・再受験割引制度:セール価格から10%OFF
・他校乗換割引制度:セール価格から20%OFF
・再受講割引制度:セール価格から20%OFF
・他複数

※併用不可

新・合格講座
198,000円
178,000円
11月30日まで
再受講割引:定価から30%OFF

パーフェクトコース
235,000円
195,000円
12月31日まで
・本試験受験生割引:定価から30%OFF
・再受講割引:定価から35%OFF
・受講相談・説明会当日申込割引:割引価格から10,000円割引

初学者カレッジコース
169,000円
47,320円
11月30日まで

月額制
3,480円/月

合格革命コース
49,800円

総合コース 
67,780円毎月末に割引する傾向にあり

S式合格講座
記述対策講座セット
59,800円不定期にタイムセールあり

バリューセット3
98,800円資料請求で3,000円割引クーポン

月額プラン
1,078円/月
主要講座 受講料比較

費用の相場は、だいたい5〜20万円です。

20万円前後の講座は、講義時間も200時間超えだったり、司法試験に対応している法律に強い学校といった共通点があり、安心感があります。
また、カリキュラムが万全なので、その講座だけで十分なのが、20万円前後の講座を選ぶメリットです。

アガルート・伊藤塾・LECなどが、20万円前後のコースを提供しています。

5万円前後の講座は、安い分、講義時間も50〜80時間と短めです。
テキストを自分で印刷する講座や、質問できない( or 回数制限がある)など、サポート面が手薄になっている傾向があります。

「勉強が結構得意なので、独学か通信講座か悩んでます。」という人には、丁度良い価格帯の講座と言えます。

TACの独学道場・LECのS式合格講座・スタディングなどが、5万円前後のコースです。

割引に関して、早期割引が主流ですが、不定期に期間限定の割引をする講座もあるので、そういった情報は、会員登録しておけばメールで案内が届きます。

一般教育訓練給付制度の対象講座かどうかも、押えておきましょう!

おすすめ行政書士講座 講義時間で比較

通信講座
コース
講義時間

入門総合カリキュラム
(ライト) 
合計266時間
インプット 入門講義約164~188時間
アウトプット 解説講義91時間

※ 解説講義は、過去問・民法対策・模試

新・合格講座
合計254時間
インプット 約195時間
アウトプット 演習77回
学習継続サポートクラス 23時間

※ 演習の解説講義は1回20分

パーフェクトコース
インプット 約201時間
アウトプット 演習21時間

初学者カレッジコース
合計265時間
インプット 基本講義約170時間
インプットアウトプット 39時間
直前対策 56時間

月額制
合計208時間
インプット 約197.5時間
アウトプット 演習10.5時間

合格革命コース
合計50時間
インプット 重要論点講義約36時間
アウトプット 解き方講義14時間

総合コース 
合計83時間
インプット 基本講義・合格のための論点約47時間
アウトプット 過去問・記述式解法講座36時間

S式合格講座
記述対策講座セット
72時間
インプット S式合格講座60時間
アウトプット 記述式対策・模試解説講義12時間

バリューセット3
78時間
インプット 基礎講座46時間
アウトプット 過去問講座27時間

直前対策 5時間

月額プラン
インプット 25時間
主要講座 講義時間比較

講義時間は、50〜300時間とまちまちです。

50〜70時間程度の講義時間の場合、基本講義が中心になります。
過去問の解説が薄くなりますが、「基本だけは講義で押さえて、どんどん問題を解きたい」という人は、むしろ短い講義時間の方が合っています。

講義時間が200時間ほどある場合は、基本をしっかり抑えられる・問題を解く過程の考え方が学べるといったメリットがありますが、消化不良の懸念もでてきます。
本試験まで講義視聴時間を含めて、800〜1,000時間の勉強時間が確保できるか確認しましょう。

僕も2回の受験経験から、「合格に必要な勉強時間が、600〜800時間」と言われていることに対して納得です。

感覚値ですが、勉強時間600〜800時間で合格率60%に持っていける感じです。

安全圏に入るためには1,000〜1,200時間くらい勉強するのが良いと思います。
不合格の体験記はこちら2019年:独学で174点不合格/2020年:独学で176点不合格

おすすめ行政書士講座 講師で比較


» アガルート 講師紹介

豊村 慶太

相賀 真理子

林 裕太

田島 圭祐

» 伊藤塾 講師紹介

平林 勉

坂本 国之

井内 絢也

志水 晋介

» LEC 講師紹介

横溝 慎一郎

野畑 淳史

日高 正美

» クレアール 講師紹介

杉田 徹

竹原 健

» 藤井慎哉

藤井 慎哉

» TAC講師紹介

佐藤 リサ

神田 理生

» スタディング 講師

竹原 健

» 鎌田 晃生

鎌田 晃生

» フォーサイト 講師紹介

福澤 繁樹

» 藍澤 摩智子

藍澤 摩智子
主要講座 基幹講座を担当する講師比較

講師との相性は、かなり重要です。
勉強のモチベーションにも関わってきますし、人気講師でも好き・嫌いが分かれるので気をつけましょう。

個人的には、アガルートの豊村講師がダントツで分かりやすいと感じました。

相性では、アガルートの田島講師、伊藤塾の坂本講師、資格スクエア(元伊藤塾)の森講師が合うなぁという感じです。

「なんだか聞き入ってしまう」、「興味が引かれて楽しい」という感覚です。

ガイダンスだと勢い盛んに画期的なことを言っていて頼れそうだったのに、実際に講義が始まってみると
「講義が退屈・・・」
「合わないかも・・・」
なんてこともあります。

サンプル講義でフィーリングが合うかどうかの確認作業は必須です。

おすすめ行政書士講座 テキストで比較

通信講座テキストの特徴
・シンプルなフルカラー
・令和3年度の出題カバー率は93.48%
・本試験での出題頻度がわかる
・最新の出題傾向・法改正を反映
・まとめの図が豊富
・各教材がリンク
・メインテキストは、令和2年度の法令5肢択一の87.5%をカバー
・過去10年間の出題状況が一目でわかる
・実際に過去の本試験でどのように問われたかを掲載
・メインテキストとアウトプット教材が相互リンク
・理解度に応じてマルチな読み方ができる
・2色刷り
・チャプターごと、項目ごとで重要度を表示
・PDFテキスト(タブレット推奨)
・書き込み可能
・製本版テキストの価格:25,300円

※民法・憲法・行政法・商法会社法・基礎法学・一般知識(全12冊セット・3400ページ)
・人気の市販テキストを使用。
・フルカラー
・WEBテキスト
・フルカラー
・製本版テキストの価格:13,200円
・全科目で約300ページと絞り込まれたボリューム
・LECの長年の試験分析を反映
・PDFテキスト(合格六法なし)
・別売テキストセット(合格六法付き)の価格:13,000円
・合格点主義のテキスト
・フルカラー
・図表とフローチャートが豊富
・理解、イメージを助けるイラストを掲載
・PDFテキスト

テキストにも相性があります。
初学者にはとっつきやすくて良いとされているカラーテキストは、「どこ重要なのかわからない」、「自分なりのカスタマイズがしずらい」と感じる人もいます。
勉強慣れしている人は、2色刷りくらいの方が合っているかもしれません。

おすすめ行政書士講座 合格率・合格実績で比較

通信講座合格率(2019)合格率(2020)合格率の計算方法合格者数
72.70%67.20%合格率は,アガルートアカデミー有料講座受講生の合否アンケート集計結果から算出。(合格者数を受験者数で除して算出)110名(2020年度の合格者の声)
非公開非公開42名(2020年度の合格者の声)
45.70%パーフェクトコースに含まれる模試3回全てを受験した方のうち、いずれか1回でも模試の得点が180点を超えた方。52名(2019年度の合格者の声)
非公開非公開67名(2020年度の合格者の声)
非公開非公開87名(複数年分の合格者の声)
非公開非公開非公開
非公開非公開57名(2020年度の合格者の声)
非公開非公開4名(2020年度の合格者の声)
42.60%41.30%フォーサイトの標準学習期間以上、学習した受講生の合格率。270名(2020年度)
非公開非公開非公開
主要講座 合格率/合格率計算方法/合格者数

各通信講座の合格率・計算方法・合格者数は上の通り。

合格率は、通信講座によって計算方法が異なりますし、初学者と学習経験者が混ざった数字だったりします。
合格率だけを盲信して講座を選ぶのはおすすめできませんが、全く公開してない通信講座が多い中、公開しているだけでも好印象です。

合格者数も、初学者や学習経験者が混ざった数字ですし、母数がわからないので比較しずらいところです。
それでも、ある程度の合格者が確認できていることは安心要素の一つです。

おすすめ行政書士講座 サポート体制で比較

通信講座質問その他のサポート
質問し放題
ただし、受講生限定のFacebookグループ内のみ。
講師に対して、講義の内容について質問でき、他の受講生の方と質疑応答を共有できる。
・アンケートベースのコンサルティング
・ゼミ(オプション)
マイページから学習上の疑問を伊藤塾講師や合格者に24時間いつでも質問可能
※1日1件まで
月1回のカウンセリング、パーソナルトレーナー
質問し放題
講義や教材に関する質問に専門のフォロースタッフが回答
・Zoomライブ講義配信
・自習室利用可能
質問し放題
テキストや講義でわからないところはメールで、学習方法などは電話で相談可能。
添削指導
質問し放題
掲示板にて質問し放題。
質問カード(5回分)により、専門スタッフに書面で学習上の疑問点などを質問。
質問し放題
講義や教材に関する質問に専門のフォロースタッフが回答
コースにより10,15,25回メールにて質問可能・個別カウンセリング
・eライブスタディ
主要講座 サポート体制比較

サポート体制は、質問できるかどうか、カウンセリングゼミなどが付いているかです。

質問については、「全くできない」、「回数制限あり」、「質問し放題」の3パターン。これに関しては、

「勉強を始めたら意外と質問することがなかった。」
「自分でググれるのでなんとかなった。」
「解説を読んでも理解できないところを質問できて役立った。」

と分かれます。
勉強を始めてみないと、どれだけ質問サポートを使いこなせるかは、正直分かりません。

「なんでも検索すれば出てくる」という思い込みは危険です。確かに検索で解決することも多いですが、かなり時間を消費します。(経験談)

知りたいことだけを知れる行政書士試験に特化した質問対応は、「時間短縮」という面でも役に立ちます。

カウンセリングは、勉強方法の相談・モチベーション維持・悩みの解消として利用できます。
どの通信講座を選んでも、講義視聴も問題演習も、基本は自主学習なので、勉強方法やモチベーション維持が不安な人にとっては、講座選びの大切な要素になってきます。

カウンセリングなどの個別の手厚いサポートを重視するのであれば、伊藤塾がダントツです。
» 伊藤塾の評判はこちら

アガルートのゼミ、LECのZoomライブ講義、フォーサイトのeライブスタディは、勉強のペースを掴むのに利用できます。

おすすめ行政書士講座 合格特典で比較

通信講座合格特典
受講料全額返金または
お祝い金5万円
お祝い金2万円
お祝い金1万円
Amazonギフトコード
最大2,000円分
主要講座 合格特典比較

合格特典は講座によって、受講料全額返金・お祝い金1〜5万円・全くなし、などがあります。

全額返金があれば、それをモチベーションに頑張れるので、講座選びにおいても大事な要素です。

「前年度の試験にギリギリ落ちてしまった」という人は、アガルート一択かと思います。
全額返金になれば独学よりも安くなりますし、アガルートは、講義の分かりやすさに加え、受験生が不安になる一般知識もカリキュラム内で手厚くカバーしているからです。

» アガルートの評判はこちら

おすすめ行政書士講座 スマホ対応で比較

今では、ほとんどの行政書士講座でスマホ対応していますが、その差は大きく、講義視聴問題演習PDFテキストと学習管理をどこまでカバーしているかで分かれます。その比較表が次です。

通信講座講義視聴問題演習テキスト学習管理
過去問Webテスト
Web確認テスト
記述論点集Web100選
PDFテキスト
過去問(択一、○×問題)PDFテキスト
PDFテキスト
(オプション)
スマート問題集
セレクト過去問集
記述式対策問題集
答練
WEBテキスト
厳選肢別問題アプリ1800PDFテキスト
過去問一問一答演習PDFテキスト
PDFテキスト
主要講座 合格特典比較

スマホ対応ならスタディングがNo.1です。スマホ一つで完全てが完結します。

行政書士のおすすめ通信講座|タイプ別9社:まとめ

行政書士の通信講座を見てきました。

”良い講座=ご自身に合った講座”とは限りません。

講座選びに失敗しないためにも、サンプル講義・サンプルテキストの確認は絶対に行い、ご自身のタイプに合った講座を見つけましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる